これは大量虐殺です: ガザ戦争を終わらせるために全力を尽くします

2023年10月13日

これはジェノサイドだ ガザ戦争を終わらせるために

レベッカ・マリア・ゴールドシュミット著

広島の活動家、学生、労働者、関心を持った市民が10月13日(金)、原爆ドーム前でキャンドル・ビジルを行い、イスラエル軍によるパレスチナ人虐殺を止めるため、即時停戦と国際的な介入を要求した。

イスラエルのパスポートを持つ有色人種のユダヤ人として、私はイスラエル軍とアメリカ軍によるパレスチナ人に対する大量虐殺を阻止するために警鐘を鳴らしている。

私は、反核運動の中心地であり、現在芸術と平和を学ぶ広島で、日の出からこの文章を書いている。昨夜、ガザで起きている人道的緊急事態のさなか、私たちは反戦運動、学生運動、労働運動、人権運動のベテラン活動家たちとともに、原爆ドームの前でパレスチナのためのキャンドル・ビジルを行った。永久に崩壊したままの象徴的な建物は、核戦争の恐怖の記念碑として、また世界的な平和のシンボルとして、今もなお存在し続けている。今日、イスラエル軍はガザでの残虐な空爆作戦を継続し、100万人のパレスチナ人の強制避難を発表した。パレスチナ人が避難する場所はどこにもなく、路上で、混雑した病院で、あるいは崩壊した建物の下敷きになって死ぬのだ。

アウシュビッツで亡くなった私の曽祖父母について、この象徴的な建造物の前で話すとき、パレスチナでは救急車やジャーナリスト、高齢者、小さな子どもたちに爆弾の雨が降り注いだ。私が安息日の静けさに平和の天使を迎えるための歌、シャローム・アレイへムを歌っている間に、爆発はガザの地域全体と家族を消し去った。

今、反シオニストであるユダヤ人たちは、世界中の多くの良心ある人々とともに、ユダヤ教の名のもとに復讐のために行われている、罪のない民間人の無慈悲な殺戮をやめるよう必死に要求している。私たちの多くは、家族や友人、仲間の “進歩主義者 “たちからの激しい反発の中で、何年も何十年もこのことを言い続けてきた。Jewish Voice for PeaceやJewish Center for Non-Violenceのような組織の声明は、大局的な背景を理解するのに役立つ。ブラント・ローゼン師もまた、この瞬間について美しい文章を書いている。私たちのコミュニティは、今週起こった出来事の暴力性と急速な激化に恐怖を感じ、大きなトラウマを抱えている。パレスチナの私たちの友人、家族、同僚たちは、電話で愛する人たちに別れを告げ、私たちの祈りに感謝し、奇跡を願っている。私たちはショックを受け、喪に服しながらも、地獄のような状況下で—この状況は、アメリカのユダヤ人社会、アメリカ政府、そしてアメリカの納税者が共謀しながら支援してきたものだ—75年間も苦しんできたパレスチナの人々の人権を守るという私たちのコミットメントに揺るぎはない。

これまでの考え方を学び直し、自分自身を解放し、パレスチナにおける不公正の現実と、パレスチナの人々の生活が実際にどのようなものであったかを知るために、私は何年もの勉強と厳しい対話と問いかけを必要とした。75年にわたる残忍な軍事占領、移動と教育・医療へのアクセスを制限する検問所、繰り返される学校や家の取り壊し、100万本ものオリーブの木の根こそぎ、文化の抹殺と盗用、強制移住、井戸のセメント化と汚染、歴史修正主義、16年間にわたる強制収容所としてのガザ、監視技術、ジャーナリストや医療従事者、子どもたちの殺害、秘密裏の核兵器開発—これらは、前世代のロマンチックな「キブツの夢」ではない。構築された人種差別的な入植植民地であり、生態系の危機であり、検証されたアパルトヘイト国家なのだ。

そして、現在ではさらにはっきりとわかるように—まるで以前はそうでなかったかのように聞こえるかもしれないが—これはジェノサイドなのだ。

私を自己嫌悪のユダヤ人と呼んでもらっても構わない。アイデンティティ・クライシスだと言われてもいい。シカゴでユダヤ教教育を受けた私は、思いやりがあり、人間を愛し、地球を愛し、常に他者に奉仕し、あらゆることに疑問を持ち、思索するように育てられた。残念なことに、これには反アラブ、反パレスチナという人種差別的なシオニスト的要素も含まれており、私たちはユダヤ人として、「ユダヤ人を海に突き落とそう」とする「テロリスト」によって「地図から消される」という恐怖の中で生き続けていた。これは、アメリカのユダヤ人コミュニティの多くが信じるように強要され、イスラエル・コミュニティが深くしがみついているメンタリティである。これは、何世紀にもわたる迫害と移住からくる私たちの痛み、不安、恐怖を、アメリカが支援する国家のために利用するものである。

アシュケナージ中心主義はまた、私たち自身のユダヤ人コミュニティの中に白人のヒエラルキーを作り出し、SWANA地域全体、そして中国やインドに至るまで、多種多様なユダヤ人を文化的に抹殺してきた。アラブ系ユダヤ人もいる。パレスチナ系ユダヤ人もいる。黒人のユダヤ人もいる。フィリピン人、メキシコ人、カナカ・マオリ人、日本人、アゼルバイジャン人などなど、私のような混血ユダヤ人もいる。そして、複数のアイデンティティを持つ私たちは、移住、抑圧、人種差別、戦争の痛みと苦しみを知っている。

私たち全員がイスラエル軍への資金援助の停止、占領の終結、パレスチナ人の故郷への帰還、そしてすべての人の尊厳を要求するまで、人々は死に続けるだろう。パレスチナ人の声を聞こう。アパルトヘイトの南アフリカを崩壊させた人々の声を聞こう。多くの子どもたちや若者たちの叫びを聞こう。元兵士や戦争抵抗者の声に耳を傾けよう。今起こっていることはすべて、私たち全員を互いに人質に取っている戦争利権と企業の核開発計画という、より大きな詐欺の一部にすぎない。

パレスチナはどこにでもある。国際的な連帯が今必要なのだ。

私は祖先の霊的な教えに導かれて、愛は必ず勝利することを知っている。だがそれを現実とするためには、私たちは選び、話し、そして歌わなければならない。それはどんな武器よりも大きく、強く響かなくてはならない。ユダヤ人であることの基本は、不正義に断固として立ち向かい、より良い世界のために常に闘うことだ。ユダヤ人としての私たちの生存は、国家に依存するのではなく、新しい世界へのコミットメントにかかっている—そこでは誰もが真に自由であり、そして生きている。

「一日の反乱は千世紀の平穏に値する」

– 連帯の狼、パシフィック・コラム(ギリシャのアナキスト)

セラフィンスキー著『Blessed is the Flame: an Introduction to Concentration Camp resistance and Anarcho-nihilism』より引用。

行動を起こそう

議会に伝えよう: ガザ大量虐殺に油を注ぐのはやめてください。| アダラ・ジャスティス・プロジェクト

議会に伝えよう: ガザへの人道的アクセスを今すぐ開放せよ!| AFSC

議会に呼びかけよう: ガザ大虐殺を止めよ!|USCPR

ガザでの即時停戦を要求するよう議会に呼びかけよう|AJP Action

議会にメールする ガザ虐殺への資金提供を停止せよ|USCPR

今すぐ電話を: ガザでのパレスチナ人に対する大量虐殺を止めよう|平和のためのユダヤ人の声

この記事のスペイン語版はこちらからお読みいただけます。

レベッカ・マリア・ゴールドシュミットは、場所をベースとしたアートとリサーチ・プロジェクトに携わるアーティストであり、カルチャーワーカーである。彼女の最近の作品は、ユダヤ人とフィリピン人の祖先の文化的、土地に根ざした慣習の研究を反映している。伝統言語保存団体LAING Hawai’iの共同設立者であり、Queer Mikveh Projectのプログラム・ディレクターでもある。2020年にホノルルのハワイ大学マノア校で修士号を取得し、現在、文部科学省奨学生として広島市立大学で博士課程に在籍している。

Puedes leer la versión en español de este artículo aquí.

You can read the English version of this piece here.

Rebecca Maria Goldschmidt is an artist and cultural worker engaging in place-based art and research projects. Her recent work reflects studies of cultural and land-based practices of her Jewish and Filipino ancestors. She is the co-founder of LAING Hawai’i, a heritage language preservation organization, and Program Director for Queer Mikveh Project. She received her MFA from the University of Hawai’i at Mānoa in Honolulu in 2020 and is pursuing her doctoral studies as a MEXT Scholar in Sculpture at Hiroshima City University in Japan.